事業について | 大江ノ郷自然牧場

事業について

事業について

■大江ノ郷の事業展開

・養鶏業
平飼いによる鶏の自然飼育

・通信販売事業
全国のお客様へ向け、インターネットやカタログ等による通信販売
主な販売商品:自社ブランド「天美卵」と牧場スイーツ・パン等の自社加工食品・地元特産品 等

・食品製造、調理
無添加にこだわったスイーツやパン等の食品の製造

・飲食店営業
直売所兼牧場スイーツ専門店のカフェ「ココガーデン」の運営
食と農を楽しむ複合型施設「大江ノ郷ヴィレッジ」の運営
オーガニック食材専門店「RITOTTO MARCHÉ リトット マルシェ」の運営
卵かけご飯専門店「大江ノ郷自然牧場HANARE」の運営

・販売企画・商品開発
新商品の開発、広報等の販売企画業務

大江ノ郷自然牧場の”強み”

■本当に安心でおいしい卵を目指して

「本当においしい、本物の卵をつくりたい」ーそんな代表・小原の想いから、鶏を健康に、自然な形で飼育する「平飼い」飼育を始めました。せまいゲージの中でなく、鶏が自由に鶏舎を駆け回る「平飼い」という方法で育った鶏は、健康そのもの。自家配合した、化学薬品等を一切使わない飼料を与え、鶏が健康な状態で卵を産むことができるよう、鶏の健康第一に考え、大切に育てています。そんな健康な鶏から生まれた卵は、とろ~り濃厚で栄養たっぷり。その日の朝採れた新鮮な卵だけを、牧場よりお届けしています。小原は、〝天の恵みの美味しい卵〟という想いから、「天美卵」と名付けました。「天美卵」は、今日の日まで多くのお客様に愛され、支えられています。これからも、愛情を持って鶏を育て、新鮮な「天美卵」をお客様にお届けし続けることが一番の恩返しだと考えています。

社風について

■日本で一番笑顔集まる牧場を目指して

私たちは、日本で一番笑顔の集まる牧場を目指しています。これは、お客様はもちろん、地域の方や、私たち社員も笑顔になれるように、という想いも含まれています。 そのために、「大江ノ郷自然牧場のミッション」を定め、社員全員が同じ気持ちで行動できるよう心がけています

大江ノ郷自然牧場の2つのミッション

[私たちを選んで下さるお客様への約束]
一期一会の出会いに感謝し、「最高のサービス」を 提供することが私たちの使命です。
[私たちの存在意義]
鳥取の自然の素晴らしさを、「農」と「食」の大切さを 伝え続ける使命があります。

大江ノ郷自然牧場の”想い”

■地域との共生を目指して

大江ノ郷自然牧場は、2011年に鳥取県八頭郡智頭町の山あいに、自然循環型の新しい牧場を完成させました。ここでは、自然のサイクルと地域の資源を有効活用した、まさに”地域との共生”を目指した新たな牧場のスタイルを実践しています。この鳥取という、自然の恵みに満ち満ちた土地に対する私たちの愛情を、具体的な形にして、すこしでも地域に貢献していきたい。そんな気持ちが強くあります。

外部からの評価

■6次産業化・地域活性化に対する取組を高く評価していただきました!

平成25年 全国6次産業化事業の優良事例として、農林水産省食料産業局長賞を受賞
平成27年 鳥取県経営革新大賞 受賞
平成29年 中国四国農政局「ディスカバリー農村漁村(むら)の宝」に選定
平成29年 経済産業省「地域未来牽引企業」に選定


■男女共に働きやすい職場環境作りを推進する企業として認定されました!

平成28年 「鳥取県男女共同参画推進企業」認定
平成29年 「鳥取県輝く女性活躍パワーアップ企業」認定

これからについて

■これからの事業展開や展望について

私たちは、多くの地元の方に支えられ今までやってきました。その感謝の気持ちを胸に、これまで地元の方々から受けた恩恵を、少しずつ返していきたいという想いがあります。
私たちは大江ノ郷の地を日本一の観光地にするという夢を持っています。10年前は観光客0人だった地に、今では年間約30万人の方にお越しいただける場所にすることができました。そして、次の目標として、鳥取県の人口と同じ57万人のお客様に年間を通してお越しいただきたいと考えております。

そのために、地域の宝である大江小学校をリノベーションし、2019年初夏に、農泊施設「OOE VALLEY STAY」を開業する予定です。
ただ宿泊していただくだけでなく、お越しいただいたお客様の記憶に残るような農村体験も計画しています。

 -「地元に〝新しい文化〟を築き、鳥取の良さを発信していきたい。」
 -「鳥取から都会へと行った方にも、鳥取はいいところだったなぁと思ってほしい。」
そんな想いでこれからも、地域と共に歩んで参ります。


日本で一番笑顔の集まる牧場を目指して、私たちと一緒に夢を追いかけてみませんか。

リクルートTOPへ戻る