まっつぁんのコッコ奮闘記~その2~ | 大江ノ郷自然牧場_読みもの

「98.51メートル」

 

突然ですが、これはある競技のギネス記録です。

さてなんでしょう?

答えは、鶏卵の遠投(生卵を投げて、他のひとがそれを割らずに受け取る競技)です。

実は私も挑戦したことがあります。

といっても最近の事ではなく、高校の時の文化祭の催しで、

同じ野球部の友人とペアを組み、

中学時代ピッチャーだった友人が投げ手、

捕ることには少し自信のあった私が受け手での挑戦でした。

 

まずはじめは5mからスタートし、徐々に距離を広げていきます。

私たちチームも予選を順調に勝ち進み、いよいよ決勝戦。

距離はギネス記録には程遠い20mほどですが、

はじめの2組までが失敗し、私たちが成功すれば優勝です!

友人からコントロールよく投げられた卵が、私の手に収まった!!

・・・その瞬間、卵はグシャっと割れてしまいました。

時々、卵拾いをしながら、当時のことを思い出しては、

「あの卵が天美卵だったら、優勝だった(割れなかった)だろうなぁ」と考えます。

また天美卵で挑戦してみたい!とよからぬ妄想を膨らます、松つぁんでした♪

投稿者:
Hiroko Takaki

関連記事

松つぁんのコッコ奮闘記~その1~
コッコ愛情飼育係の飼育日誌~6月号~
まっつぁんのコッコ奮闘記~その3~