コッコたちは寒かったこの冬も元気に過ごすことができました。 | 大江ノ郷自然牧場_読みもの

寒風に身が縮むような真冬でも、私達の動きは鈍くなりますが(笑)コッコ達は飛んだり走ったりしながら元気いっぱい!
氷点下近くなる日には、肩を寄せ合い、こんもりとまん丸な姿で寄り添いながら寒さを凌いでいました。

ようやく春が来て、それを感じ取ったかのように陽の出た日は日向ぼっこに余念がありません。

時折覗く陽の光にまどろむコッコたち。

私達が実践する自然養鶏は、非効率ながらも四季を感じるような環境で、愛情を持って厳しく育てる昔ながらの自然養鶏がお手本です。
夏の猛暑、冬の寒波など自然の影響を直接受けることになりますがその分、自然の恩恵を存分に受けることができます。

コッコ愛情飼育係は、今日も一羽一羽の様子に目を凝らし、耳を傾け、コッコに寄り添っています。

投稿者:
ootera

関連記事

大江ノ郷バウムクーヘンの素材を 徹底解剖してみました!
毎日のたまごを当たり前にお届けするために~コッコ愛情飼育~
鳥取の自然の素晴らしさを伝えたい。
私たちの原点「平飼い養鶏」
地域と共に、農業の未来のために。
卵から始まる、食づくり。