郷の二刀流・大谷です!~飼育係・企画~ | 大江ノ郷自然牧場_読みもの

郷の大谷、

僕も二刀流です!笑

コッコ愛情飼育係・企画  大谷賢作

 

昨年、長年働いた東京から鳥取へとUターン、
牧場のファンだったこともあり、地元を盛り上げたい!と入社。
そんな熱い思いを胸に飼育係と企画担当の両方で活躍する姿は、まさに郷の二刀流!


「大江ノ郷の卵が大好き」

この声が嬉しいです!

私は飼育係と兼任で企画室の一員として、大江ノ郷アプリを担当しています。
それぞれ異なる業務ですが、共通して「相手の目線で 仕事に取り組む」ということを大切に仕事に取り組んでいます。
まだまだ不慣れな部分も多く毎日勉強中の 二刀流ですが、だからこそやりがいがあり、 成長を感じることができています。

一刀目!~コッコ愛情飼育係として~

飼育係として、早朝の卵拾いを主に行っています。
新鮮な卵をその日のうちに発送するため、とにかくスピードが命。
時にはコッコに手を突かれながらも、卵の状態を 確認しつつ、とにかく素早く行います。
コッコの様子や健康状態を確認するのも 大切な仕事です。
いつもコッコ目線になって、どうしたらコッコが快適に 過ごせるだろう、幸せだろうと考えます。
苦労も多いですが、お客様から「大江ノ郷の卵が 大好き」「この卵じゃないと食べられない」などのお言葉をいただいた時は、関わっている者として 非常に嬉しい気持ちになります。
たまに、お客様と直接電話でお話している時に、泣いてしまうこともあります(笑)

~二刀目!~企画担当として

もう一つ企画担当として、”大江ノ郷アプリ”の運用を担当しています。
使ってくださるお客様の目線になって、どんな情報があったら良いか、使っていて 楽しくなるにはどうすれば良いかを考えながら 取り組むように心がけています。
アプリをきっかけに、大江ノ郷に興味を持ったり 楽しい気持ちになってもらえるよう試行錯誤の毎日です。
大江ノ郷には豊かな自然とコッコが産んでくれる 美味しい卵、鳥取の食材から作られる美味しい 食べものがたくさんあります。
そんな大江ノ郷をもっと多くの方に知っていただき、身近に感じていただけるよう”郷の二刀流”として 頑張って参ります!

投稿者:
Hiroko Takaki

関連記事

毎日のたまごを当たり前にお届けするために~コッコ愛情飼育~
まだまだ修行中。麺づくりを極めたい!うどん職人。
コッコと寄り添い、真面目に、楽しく。
美味しいお肉を沢山の人に食べてもらいたい~里山燻製工房~
食パンで食卓に笑顔をお届け~パン職人~
「おいしい!」この声のために ~レストラン・シェフ~