「春」は卵の旬。 | 大江ノ郷自然牧場_読みもの

大江ノ郷に春がやってきました。

はるか昔、ニワトリは春しか卵を産みませんでした。
そのため、「卵の旬は春」といわれています。
その名残もあってか、コッコは春が大好き。
春がやってくると、コッコたちはより一層力がみなぎり、元気いっぱいに過ごしているようです。

コッコはひなたぼっこが大好き。

ゆっくりと冬から春へと変わっていく大江ノ郷では、ぽかぽかと温かな日はとても貴重です。
春の陽だまりの中、コッコたちはかけっこしたり、砂浴びをしてみたり、まるで体全体で春の到来を喜んでいるかのよう。
自然豊かな牧場で暮らすコッコの卵は、季節ごとの美味しさがあり、どの季節もとても美味しいですが、
この春は、「旬」ならではの卵の美味しさを味わってみませんか。

投稿者:
Hiroko Takaki

関連記事

大江ノ郷バウムクーヘンの素材を 徹底解剖してみました!
鳥取の自然の素晴らしさを伝えたい。
私たちの原点「平飼い養鶏」
私たちの天美卵づくり。
地域と共に、農業の未来のために。
卵から始まる、食づくり。