天美卵たっぷり 食感を楽しむ、生パスタ。 | 大江ノ郷自然牧場_読みもの

大江ノ郷パスタシリーズの生パスタは、天美卵をたっぷり練り込み、厳選されたディラムセモリナ粉と国産小麦を使った生パスタ麺です。
今回は少し、その製法についてご紹介します!

生パスタ麺は、牧場の職人たちが作る自家製麺。
職人たちがその日の天候などにより、加える水分量など微調整しながら作っています。
この微調整がなかなか難しいようで、ほぼ触った時の肌感覚で調整を行っています。
水分量の調整といっても、ほんの数滴!その数滴で、麺の出来上がりが微妙に変わってしまうため、今は限られた職人しか麺作りができないのです。

基本となる生地ができたら、圧延法という方法で、ミリ単位で厚みを調整しながらパイ生地のように何層も重ね合わせていきます。この作業により、独特のコシが生まれ、茹で上げると程よい弾力がありプリッとした食感が楽しめます。


パスタソースも美味しいのですが、私はこのパスタの麺が大好きです。
私は作っている工程を見学させていただいたことがあるのですが、麺と向き合っている職人さんたちの愛情が伝わってくるようでした。

お家で本格的なレストランの味が楽しめるので、週末のごほうびで食べたい一品です。

投稿者:
ootera

関連記事

私たちのパンづくり
名誉の受賞「金賞ソーセージ」
だし巻き誕生物語~親子二代の思いをのせて~