若者たちへバトンを渡す準備中です | 大江ノ郷自然牧場_読みもの

暦上では立春を過ぎたとはいえ、大江ノ郷では雪に包まれたりと、毎日寒い日が続いています。
皆さまお元気でお過ごしですか。
さて、2月は私の誕生月で、今年で満57歳を迎えます。
このところ一年一年がとても早く感じており、気づけば還暦まであと3年となりました。
まだまだ若いつもりでおりましたが、60歳という節目の年が近づくにつれ、世代交代を真剣に考えるようになりました。

昨年より、若者たちへバトンを渡す準備のために、次世代を担う社員と一緒に定期的に勉強会を実施しています。
私の経験が今後の彼らの役に立つようにと、全身全霊で伝えています。
嬉しいことに皆が真剣に学んでくれ、たくさんのことを吸収してくれており、彼らの今後の成長が本当に楽しみでなりません。

余談ですが、牧場長の松つぁんとも先日、未来のことを話しました。
松つぁんは、今後若者へ飼育の仕事を継承し牧場内で「バスの運転手」になろうかな…と話していました。
幼いころからの夢だったようです(笑)
それはさておき、大江ノ郷では今後、若手がもっと成長し、今まで以上に地域や農業を牽引する役割になればと考えています。
そして持続可能な社会に貢献しつつ、100年・200年と多くの方々に愛される牧場を目指してまいります。
感謝

投稿者:
Hiroko Takaki

関連記事

大江ノ郷バウムクーヘンの素材を 徹底解剖してみました!
鳥取の自然の素晴らしさを伝えたい。
私たちの原点「平飼い養鶏」
地域と共に、農業の未来のために。
卵から始まる、食づくり。
人気ナンバーワン!「大江ノ郷ぷりん」の秘密。